未分類」カテゴリーアーカイブ

福島市市民活動活性化支援事業の補助対象活動として認定を受けました!

POMk Projectが提案した「学校横断的な健康教育の取り組み」が、平成31年度(令和元年度)福島市市民活動活性化支援事業(市民活動スタート部門)の補助金対象活動として採用されました。本年度はこの資金を活用して研修会等を開催し、体制づくりをさらに推し進めたいと思っています。

http://www.city.fukushima.fukushima.jp/kurashi/community/katsudoshien/kassekashien/index.html

インドネシア訪問

POMk Projectの挾間・三宅、福島県立医科大学の学生2名で、インドネシア訪問しました。

模型作成中のマタラム大学の学生たち
講習がおわり、修了証が手渡されました

3月15日にロンボク島のマタラム大学を訪問し、学生に対して、日本で行っている授業を説明し、実際に肺の模型を組み立ててもらいました。

3月16日は学校訪問でした。幼稚園・小学校・中学校・高校がひとつの場所にある私立の学校で主に小学生・中学生を対象として肺模型を組み立ててもらう授業を行いました。まず、挾間がプロジェクトの概要を説明し、その後、福島県立医科大学の学生が日本で実施しているのと同じ内容の授業を英語で行いました。日本に留学していたマタラム大学のEKA先生や前日に講習をうけたマタラム大学の学生がチューターとして参加し、インドネシア語に訳してくれました。午前に生徒を対象とした授業を行い、午後はその学校の先生を対象として、質疑応答や詳しい説明を行いました。終日、和気あいあいと賑やかに授業が進み、楽しんで学習している様子がみてとれました。

概要説明する挾間と日本に留学していたEKA先生
肺模型作成中の生徒たち
学校の生徒たちのとの集合写真
先生たちとの集合写真

マタラム大学の先生方と相談し、インドネシアでも大学生の協力を得ながら小学校・中学校に出向いて体や健康を理解するための授業を行う仕組みを作ることになりました。今回の訪問は、インドネシアでもPOMk Projectを立ち上げる第一歩になったと思います。